Matt.Hall

#95 Matt.Hall

Matt Hall Racing

マットは親子3世代に渡るパイロットであり、15歳でグライダーでの初ソロ、戦闘機、ヘリコプター、曲技飛行、そして最速のモータースポーツで年間総合優勝にも輝いた。
2009年の世界選手権デビュー戦で3位に入り、表彰台に上った史上初のルーキーとなった。
以来、7勝を挙げ、25回の表彰台を獲得している。2019年ワールドシリーズの世界チャンピオンに輝いた。

元オーストラリア空軍中佐で、F-15Eストライク・イーグル戦闘機で地上部隊を支援し、砲火の中で英雄的な活躍をしたアメリカ空軍の勲章を持つイラクの戦闘経験者である。F/A-18ホーネットで約2000時間、F-15ストライク・イーグルで500時間以上(戦闘を含む)、軽飛行機で5000時間以上という、高い信頼と技術を持つ戦闘機パイロットである。