News

2023.09.27

ARで観戦する空のF1、エアレースが渋谷でまもなく
10月15日(日)渋谷にてデジタルラウンド決勝トーナメント
AIR RACE X - SHIBUYA DIGITAL ROUND

渋谷の街中を飛ぶレーストラック初公開!観戦会場や観戦方法
世界各国のトップパイロット8名参戦決定

渋谷の街中を飛ぶレーストラック初公開!観戦会場や観戦方法世界各国のトップパイロット8名参戦決定

世界初の都市型XRスポーツ!リアルとデジタルを融合した
スポーツエンターテインメントの最先端がここに!

世界中に感動と興奮を与えたエアレースが、世界初の都市型XRスポーツ「AIR RACE X(エアレース エックス)」として復活! 2023年10月15日(日)渋谷にてデジタルラウンド決勝トーナメントを開催します。

実際のフライトと最新のデジタル技術を融合させた新たなレースフォーマットにより、誰も観たことのない興奮を全世界にお届けします。

都市型XRスポーツとは
現実の都市空間においてXR(AR=拡張現実、MR=複合現実、VR=仮想現実の総称)を用いて展開する新たなスポーツ競技です。本大会ではXR技術により、モータースポーツの復興と継続、そして実際には飛行が不可能な渋谷をはじめ世界各地の都市空間をレース会場化することで、都市の利用の可能性をも拡張します。新たなスポーツ競技の基盤づくり、そしてこれまでにない体験から生まれる熱狂を提供します。

AIR RACE X プロモーションムービー(日本語版)

image

10月15日(日)に渋谷でデジタルラウンド決勝トーナメント当日を迎えるにあたって、最高時速400kmのレース機が駆け抜ける渋谷のレーストラックを初公開。その観戦会場と観戦方法もお知らせします。

またAIR RACE Xに参戦するカナダ、オーストラリア、日本、スペイン、フランス、チェコ、南アフリカ、世界各国のトップパイロット8名も決定。

最先端のデジタル技術を駆使して観戦する世界初のAIR RACE Xは、もうすぐ戦いの火蓋が切られます!

⚫︎現実ではあり得ない渋谷がレース会場に!?

image

今大会は渋谷上空に実際のレース機を飛ばすとしたら、どういうコース設計であれば高層のビル群を縫って、観客に見応えのあるレースができるのか? 渋谷の地形も考慮して、現実のものだと想定して綿密にレーストラックが作成されました。

各パイロットは世界各地の拠点で、その渋谷のコース設計をもとにフライトを行ないます。そこで取得したフライトデータをXR技術によって映像化。リアルメタバースプラットフォーム「STYLY(スタイリー)」をインストールしたスマートフォンやタブレット、またはヘッドマウントディスプレイ等で実際に飛んでいるかのように観戦できる仕組みです。

10月15日(日)渋谷デジタルラウンドの決勝トーナメントは16時に競技スタート。大会当日は公式の観戦会場のほか、レーストラックが見える範囲であれば、渋谷のどこからでもレースを観戦できます。

これまでのエアレースではできなかった2機以上のレース機を同時に飛ばしたり、ラップタイムやペナルティが空間に表示される仕掛けも満載です。まるでSF映画で見るような近未来の世界がXR技術によって現実のものとなります。

AIR RACE X 渋谷デジタルラウンドは10月8日から6日間の予選と、10月15日(日)に行なわれる決勝で優勝者が決まります。

予選期間中は毎日繰り広げられる総当たり戦のレースの結果をAIR RACE Xのオフィシャルサイトでご覧ください。決勝当日は渋谷でAR観戦いただくほか、AIR RACE Xの公式YouTubeチャンネルでの全世界配信でもレースの模様をご覧いただけます。

また今大会を45分程度の完全パッケージにしたAIR RACE X特番を10月下旬に全世界に配信予定です。

開催概要

◎大 会:
AIR RACE X - 渋谷デジタルラウンド決勝トーナメント

◎日 程:
2023年10月15日(日)16時予定
※10月8日から6日間の予選、10月15日(日)に決勝トーナメント
https://www.airracex.com/JP/schedule/

◎観戦会場(有料):SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
◎観戦会場(無料):SHIBUYA PARCO(渋谷PARCO)
◎全世界ライブ配信:AIR RACE X YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@AIRRACEX

◎主 催:
エアレース エックス実行委員会

◎パートナー:
Lexus International
ARアドバンストテクノロジ株式会社
ヤマハ株式会社
Pico Technology Japan株式会社
SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
J.フロントリテイリング株式会社
東急不動産株式会社

◎協 力:
一般社団法人Metaverse Japan
株式会社ティーツーシー

◎メディアパートナー:
テレビ朝日
株式会社シブヤテレビジョン

◎実行委員会:
株式会社パスファインダー
ストラテジックパートナーズ株式会社
STYLY
NOIZ
一般社団法人渋谷未来デザイン

◎オフィシャルサイト:
https://www.airracex.com/

━━━━━━━━━
AIR RACE X 観戦方法
━━━━━━━━━
今大会はリアルメタバースプラットフォーム「STYLY」(https://gallery.styly.cc/about/ja)上でレースが展開されます。観客は渋谷に設置される専用の観戦会場において、大画面モニターで視聴したり、ヘッドマウントディスプレイを活用することで、渋谷の街中をレース機が駆け抜ける様子を現実さながらに楽しむことができます。
※ヘッドマウントディスプレイでの観戦はSHIBUYA QWSのみでのご提供となります。

また、実際に渋谷の街中でSTYLYのアプリケーションをインストールしたiPadやスマートフォンを建物にかざすことで、どなたでもレース観戦が可能です。レースの模様はオンラインでも全世界へ配信され、これまでのエアレースと同じように中継映像でもレースの興奮を楽しめます。

STYLYアプリインストール https://styly.cc/ja/mobile/
※アプリダウンロードや体験時の通信費はご参加者各自のご負担となります。
※対応端末:iPhone6s以降、Android8.0以降
※スマートフォンの機種によってはご利用いただけないことがありますのでご了承ください。

━━━━━━━━━
STYLYについて
━━━━━━━━━
STYLYは、都市空間と連動したXRコンテンツを制作・配信できるリアルメタバースプラットフォームであり、クリエイター育成・ロケーションベースのプロジェクトを数多く推進してきました。

STYLYには世界中の都市の3Dデータが実装されており、これを活用することで実空間と連動したコンテンツを制作・配信することができます。さらに、STYLYはマルチデバイスに対応しており、スマートフォンでのAR体験をはじめ、AR/MRグラスやWebブラウザ、そしてVRHMDなど多彩なデバイスでコンテンツを体験することが可能です。

今後も世界中のクリエイターや各都市と連携し合いながら、現実世界をテクノロジーで拡張させる「リアルメタバース」を推進していき、ライフスタイルの中でXR/リアルメタバースを利用する「空間を身にまとう時代」の創造を行ってまいります。
https://styly.cc/

━━━━━━━━━
エアレースとは?
━━━━━━━━━
エアレースとは、飛行機を使用し飛行技術や機体性能を競い合う空のモータースポーツの総称。リノ・エアレース、ナショナル・エアレースなど、1930年代以降、これまで数多くのレースが存在していますが、最も有名なのが2003年〜2019年に開催していたレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップです。

レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップは、高さ25mの空気で膨らませたパイロン(障害物)を規定の順序と方法で通過し、ゴールまでのタイムを競う究極の3次元モータースポーツ。最高速度370 km/h、最大負荷12Gにおよぶ過酷な空中タイムトライアルの連続で構成され、「空のF1」とも称されていました。

━━━━━━━━━
参考映像
━━━━━━━━━
◎AIR RACE X ティザー映像(英語)
https://youtu.be/_HZLJCS7bwc

◎AIR RACE X ティザー映像(日本語)
https://youtu.be/_SqPg2SEiCs

◎AIR RACE X 渋谷デジタルラウンド レーストラック
https://youtu.be/67gi4uU4jrg

◎AIR RACE X デモ映像
https://youtu.be/DaoTh-8n2NU

◎AIR RACE X 概要説明
https://youtu.be/-KBOG_DXO4o

選手紹介

image

Martin Sonka(マルティン・ソンカ)

チーム名:Red Bull Team Šonka #8
生年月日:26 March 1978
国籍:チェコ

チェコ空軍のグリペンパイロット
チェコ空軍グリペン戦闘機やアクロバットチームのパイロットを務めながら、2010年からレッドブル・エアレースに参戦。2014年からはアクロバットパイロットに専念し、2018年には8戦中4戦の優勝で総合優勝。チェコのスポーツ選手トップ10にも選出された。
https://www.martin-sonka.cz

image

Mika Brageot(ミカ・ブラジョー)

チーム名:#11 Racing
生年月日:31 July 1987
国籍:フランス

快進撃を続ける若きホープ
史上最年少の21歳でフランスエアロバティックチームに選出。2014年にレッドブル・エアレースのチャレンジャークラスに参戦すると、2年目で総合優勝を果たした。2017年からはマスタークラスに参戦し、新人では最高順位記録の年間総合10位に入賞。2023年10月現在36歳で、AIR RACE X最年少のパイロットだ。
https://www.instagram.com/mikabrageot/

image

Petr Kopfstein(ペトル・コプシュタイン)

チーム名:Kopfstein Racing #18
生年月日:18 March 1978
国籍:チェコ

大学生でアクロバットに挑戦
子供の頃から飛行機パイロットになることを夢見たペトルは、大学時代に操縦訓練を始めるとすぐにアクロバット飛行を選んだ。チェコ国内選手権をはじめ各地の大会でタイトルを獲得し、2016年からはレッドブル・エアレースのマスタークラスに参戦している。
https://kopfstein.com/

image

Juan Velarde(ファン・ベラルデ)

チーム名:Team Velarde #26
生年月日:19 September 1974
国籍:スペイン

イベリア航空のキャプテン
イベリア航空のパイロットを務めながらアクロバット競技を始め、2004年にスペイン代表選手となった。2014年からレッドブル・エアレース・チャレンジャークラスに、2015年からマスタークラスに参戦した。2023年現在も機長として、エアバスA330旅客機に乗務している。
http://www.juanvelarde26.com

image

Yoshi Muroya(室屋義秀)

チーム名:LEXUS PATHFINDER AIR RACING #31
生年月日:27 January 1973
国籍:日本

アジア初のワールドチャンピオン
中央大学航空部でグライダーパイロットを始め、卒業後アクロバット飛行を開始。2009年にアジア人初のレッドブル・エアレース参戦パイロットとなった。2016年に地元・日本の千葉大会で初優勝、2017年には8戦中千葉大会を含む4戦で優勝して年間総合優勝を果たした。
https://lexus-pathfinder-airracing.com/

image

Patrick Davidson(パトリック・デビッドソン)

チーム名:Team 77
生年月日:7 June 1982
国籍:南アフリカ

初のアフリカ出身パイロット参戦
12歳のとき、安全パイロットの同乗のもと南アフリカの初心者アクロバット大会で優勝。17歳の誕生日には初めて単独飛行した。AIR RACE Xパイロットでは唯一のアフリカ出身者で、またレッドブル・エアレース・チャレンジャークラスからの参戦だ。
https://www.instagram.com/flying_davidson/

image

Pete McLeod(ピート・マクロード)

チーム名:Pete McLeod Racing #84
生年月日:23 February 1984
国籍:カナダ

最年少でエアレースに参戦
生後6週間で初めて飛行機に乗り、3歳の時に父の膝の上で初めて飛行機を操縦。カナダ北部で雪上機にも親しんで育った。16歳のとき、自動車より速く飛行機のライセンスを取得し、アクロバット飛行にも挑戦。2009年にはカナダ人初、史上最年少の25歳でレッドブル・エアレース・マスタークラスパイロットとして参戦した。
https://petemcleodracing.com

image

Matt Hall(マット・ホール)

チーム名:MATT HALL RACING #95
生年月日:16 September 1971
国籍:オーストラリア

オーストラリア空軍の戦闘機指揮官
F/A-18ホーネット戦闘機を操縦し飛行隊指揮官も務めたほか、アメリカ空軍との交換プログラムにより米豪両軍で勲章を得た。退役後、2009年からレッドブル・エアレースに参戦。最後のシーズンとなった2019年には総合優勝に輝いており、現時点のタイトルホルダーだ。
https://matthallracing.com

大会パートナー

image

Lexus International
LEXUSは「驚きと感動の体験を提供する」ビジョンを象徴するタグライン”EXPERIENCE AMAZING”のもと、クルマだけに留まらない魅力的な体験を提供しています。 2016年より「闘い続ける姿勢や精神が人々に勇気を与える」室屋選手に共感し、取組みをスタート。2021年よりこれまでの取り組みを加速させ、互いの技術やノウハウをレース開発に繋げ、レースオペレーションも共に行う、チームLEXUS PATHFINDER AIR RACINGとして活動しています。
https://lexus.jp/

image

ARアドバンストテクノロジ株式会社
『BX designer ー創造的なBXの実現へ、DXを超えていく!』
クラウド技術とデータ・AI活用によるビジネストランスフォーメーションデザイナーとして、システム開発、デジタル化、DXにとどまらず、PURPOSE・VISIONの達成に向け、創造的なビジネスゴールをお客様と共にデザインし、社会とビジネスをサスティナブルに革新、新しい価値を創出します。
2023年東証グロース市場へ上場
https://ari-jp.com/

image

ヤマハ株式会社
ヤマハグループは「感動を・ともに・創る」を企業理念として共有し、音・音楽を通じて世界中の人々のこころ豊かなくらしに貢献することを目指しています。ブランドプロミスには、お客様が心震わす瞬間を表現した「Make Waves」を掲げ、1887年の創業以来受け継がれてきたお客様目線のものづくりをさらに推し進め、人々の心に響く製品・サービスを届けていく決意を示しています。
https://jp.yamaha.com/

image

Pico Technology Japan株式会社
PicoはVRオールインワン技術に注力した、独立したイノベーションと研究開発能力を持つ大手VR企業です。Picoは、教育やヘルスケア分野の企業顧客向けにオーダーメイドのソリューションを提供するなど、没入型かつインタラクティブなVR体験を顧客に提供することに取り組んでいます。
https://business.picoxr.com/

image

SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)
SHIBUYA QWSは、年齢や専門領域を問わず、渋谷に集い活動するグループのための拠点です。コミュニティコンセプトを「Scramble Society」とし、グループ間の交流や領域横断の取り組みから化学変化が生まれ、未来に向けた価値創造活動を加速させます。
https://shibuya-qws.com/

image

J.フロントリテイリング株式会社
J.フロント リテイリングは、全国の主要都市に店舗を持つ大丸松坂屋百貨店やショッピングセンターのパルコを中心に、商社、建築・内装、クレジット金融など、幅広い事業展開を行うグループです。
“くらしの「あたらしい幸せ」を発明する。”というグループビジョンのもと、こころ豊かなライフスタイルをプロデュースし、地域と共生する個性的な街づくりを行うことを目指しています。
https://www.j-front-retailing.com/

image

東急不動産株式会社
東急不動産は、広域渋谷圏において「人と、はじめよう。」 をコンセプトにした取組み「PROJECT LIFE LAND SHIBUYA」を進めています。
多様な人や企業との共創や、交流の仕組み・場づくりを通じて 「創造」「発信」「集積」を循環させ、共感する人や企業とパ ートナーシップやアライアンスを構築していきます。広域渋谷圏において、⻑期的な視点のもと、まちの魅力を⾼めていきます。
PROJECT LIFE LAND SHIBUYA HP : https://life-land-shibuya.com
広域渋谷圏のまちづくり HP : https://www.tokyu-land.co.jp/urban/area/shibuya.html

image